終活に必要な準備

最近は、元気なうちに自分の老後や葬儀のことを考える方が増えてきました。

人生の終わりをより良いものにするため、事前に準備を行うことを「終活(しゅうかつ)」といいます。

しかし、多くの方はどのように終活に取り組めばいいか分からないでおります。

終活に興味はあるけれど、何から始めたらいいのだろうとお悩みの方は、自分はどんな老後を過ごしたいか、どんな最期を迎えたいか、そしてその想いを実現するためには、どのような準備が必要なのかを確認することです。

家族のために・・・ 周囲のために・・・ 自分のために・・・

想いを実現するためには、具体的に考え、行動することが必要です。

「法的な準備」

● 身元引受委任契約

施設等に入居する場合、あるいは病院に入院する場合に求められる身元引き受人や身元保証人に成ってもらうことを依頼する契約

● 財産管理委任契約

判断能力に問題はないが、体が不自由ななったことで、財産管理などを信頼できる人に任せる契約

● 任意後見契約

認知症などにより判断能力が低下した時に備えて、あらかじめ信頼できる人(任意後見人)と契約を結び、任意後見人が本人の希望にそった援助をする制度

● 死後事務委任契約

葬儀、埋葬、供養、医療費、公租公課等未払い債務の支払い、その他遺品の整理など、死後の事務をあらかじめ委任しておく契約

● 尊厳死宣言書(リビングウイル)

現在の医学では不治であり、死期がせまっているにもかかわらず、いたずらに死期を引き延ばすためだけの延命治療を拒否する宣言書

● 医療のための事前指示書

病気等により意思表示ができない状態になった場合に備え、家族や、医療者等に対し、私はこのような医療等を望んでいるという意思を伝える書面

● 遺言書の作成

自分の財産を誰に遺すか自分で決める法的な書面です。「自筆証書遺言」また「公正証書遺言」があり、家族の争いを防止できる重要なものです。

自分に必要ないろいろな仕組みを活用することによって、終活への準備を始めてください、わからないところがおたずねください。必要に応じて専門家がサポートします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>