終活 葬儀への備え

葬儀への備えとして、今ではインターネット上から知識、情報を得られる方が大半ですが、今までは冠婚葬祭互助会への加入が多くを占めてきていました。

現在、互助会の協会である 一般社団法人 全日本冠婚葬祭互助協会(全互協)への加盟互助会は242社で、契約口数は2,372万口、前受金残高は2兆3,000億(H23.3月末) 程あり葬儀の施行数は年間で約35万件に達しています。

ところが、前受金の使途が冠婚か葬祭と限定されている前払式積立金(解約問題や保全の問題等)に疑義を感じる人たちが多くなってきています。

そこで、新しく出てきたのがテレビなどで保険会社が盛んに宣伝し始めた「葬儀以外の料理、お布施など何にでも使えます。」の保険や財産管理型信託が行っている「葬儀費用お預かりサービス」があります。これは事前に指図人を決め葬儀費用等を預けておくという方法です。お身内等がおられない方にとっては良い方法かと思われます。

従来からあります「少額短期保険」は死亡時には30万円~90万円がおりてきます。掛金は1年更新での掛け捨てになりますが、保険金は少額で葬儀費用の確保と言う点では検討してみる価値もあるのではないでしょうか?

いずれにしても、葬儀を行えば、小型化、低額化したからといっても費用は発生します。

もしものために、備えておくことも大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>